彼氏が欲しいけどなかなかできない大学生・社会人女性のためにこれから理想の彼氏を作るための恋活ブログです。

彼氏欲しい20代~30代女性のための恋活ブログ

kareshi love

友達から彼女になるために。女として意識させる3つのステップ

投稿日:

友達から彼女になるために。女として意識させる3つのステップ

男友達は出来るのに、彼氏だけが出来ない。
男性と話すのは全然平気。なのに女として見てもらえないのはなぜ?
いつも友達で終わってしまう。

そんな悩みを持っていませんか?

このように「友達止まり」の悩みを持つ女性に効果的なのは、女度を上げること!

そんな当たり前のこと‥と思うかもしれませんが、やっぱり恋愛は「男」と「女」でないと成り立たないもの。気づかないうちに不足していた女度、えいっと上げて、彼との関係を進展させてみませんか?

友達から彼女になるために。女として意識させる3つのステップ

〈まずは形から。女度アップのルックス作り。〉

vintage-635244_1280

ゆるっとしたパンツやメンズライクなジャケット、パーカーやスニーカーなど。カジュアルな服ばかりになっていませんか?

洋服は面積が広い分、少し変えれば彼もその変化にすぐ気づいてくれるアイテム。
女度アップファッションのコツはずばり、シンプル&タイト。

 

あれこれ重ね着するのはオシャレだけど、男性は、すっきりと身体のラインが分かるファッションにグッときます。

しかし上下とも身体にフィットした洋服だと、グラマーな人は逆にいやらしく見えてしまうこともあるので、例えば‥

・身体にフィットするTシャツで胸のシルエットを見せつつ、ふんわりフレアスカートで脚は隠す。
・ゆったりチュニックで上半身は覆い、ショートパンツで思い切り脚を見せる。

など、どこか一部分身体のラインをアピールすると、男性は「こんな女らしいラインだったんだ‥」と、ドキッと女を意識し出すのです。普段カジュアルな人ほど効果的。

〈内面の女度は、さりげない弱さで見せる。〉

girl-97433_1280

続いては内面。
会社や学校で、男性にバリバリ指示を出したり、男性含むグループをビシッとまとめたり、時に男性の後輩にダメ出ししたりしていませんか?
こういった強い女性に、男性は近寄り難いものです。打ち負かされそうな気がしちゃうんですよね。

いつも強い女性こそ、たまには弱さを見せてあげて。

普段は強い自分のままでOKですが、意中の彼の前では
「今日ミスしちゃって、落ち込んじゃう‥」
「残業続きで、なんだかちょっと眠くなってきちゃったな」
など、普段は口が裂けても言わない弱音を、ぽろっと言ってみるんです。

すると彼は、「こんな弱い一面も?俺、守ってあげなきゃ‥」と、クラッとくるのです。

男性はそもそも、女性より強くありたい、女性を守りたいという生き物。そんな彼の男性としての強さを必要としてあげると
「俺、男として求められてる?」
と無意識のうちに嬉しくなるんです。

〈あとはさり気なく、2人きりのチャンスを作ろう。〉

daisy-712898_1280

いくら外面を変え、弱い自分を見せても、みんなの前では、彼はなかなかあなたにアプローチできません。男性ってシャイなんです。好きな女の子にだけ見せるような顔は、他人に見られたくないんですよね。

なので彼にアクションを起こさせるには、2人きりのチャンスを作ること。
「仕事帰りに飲もうよ」
「お腹すいたー、一緒にごはん食べよ?」
など、さり気なく言ってみて。

いかにもデート!な重たい感じだと男性は身構えてしまうので、最初はライトに行ける食事がベスト。

彼があなたに惹かれていれば、喜んで乗ってくれるし、その先へ進展、二度目のデートのお誘いが来るかもしれません。

ここで大切なのは、食事の席で焦って
「また食事行こう?」
など誘わないこと。
まして、「あなたのこと、好きなんだ」などNGです!

押されると逃げたくなるのが男性です。
安心して。一度食事をして、彼があなたに気があれば、必ず二度目は彼から誘ってくれます。

もしお誘いがなかったら、単に縁がなかったか、時期尚早だっただけ。再び外面&内面の女度アプローチをしつつ、彼から来るのを待つか、他の男性にも目を向けてみましょう

まとめ

〈まずは形から。女度アップのルックス作り。〉

〈内面の女度は、さりげない弱さで見せる。〉

〈あとはさり気なく、2人きりのチャンスを作ろう。〉

 

‥いかがでしたか?恋愛慣れしていないと、好きな人が出来た時つい必死になりがち。だけどそこは冷静に、女度を上げながら、彼の男ゴコロに確実にヒットするアプローチをしていきたいですね。

-kareshi, love

Copyright© 彼氏欲しい20代~30代女性のための恋活ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.