彼氏が欲しいけどなかなかできない大学生・社会人女性のためにこれから理想の彼氏を作るための恋活ブログです。

彼氏欲しい20代~30代女性のための恋活ブログ

kareshi love

意中の男性と出会った後に好意を持ってもらう3つのステップ

投稿日:

意中の男性と出会った後に好意を持ってもらう3つのステップ

彼氏いない歴=年齢なんて、誰にも言えずついつい隠しちゃう。

・片想いの成就経験ゼロ!

・そもそも恋が進展したことがない。

そんな女性も珍しくないのではないでしょうか。

 

そして多くの女性が、出会い後のアプローチに悩んでいるよう。

素敵な男性に出会ったその後、

どうしたらいいのか分からなくて行き詰まってしまう女性のために、

出会った後の効果的アプローチを3ステップでお伝えします。

意中の男性と出会った後に好意を持ってもらう3つのステップ

1.まずは知ってもらおう。さりげなく私をアピール

恋愛失敗パターンに多いものの1つが、

喋ったこともない人にイキナリ告白しちゃう!というもの。

 

バレンタインに、ずっと遠くから憧れていた先輩にいきなりチョコをあげても、

あまり結ばれることはない‥というアレです。

 

まず、知らない他人がいきなり自分のプライベートゾーンに入ってくると、

男性は怖がります。そして逃げたくなるのです。

なので、ファーストステップは、さりげない会話から。

「いつもかっこいいですね!」なんて緊張しちゃうことを無理に言わなくて大丈夫。

 

例えば、すれ違いざまの挨拶。ただ会釈するだけでなく、

目を見てニッコリするだけで、男性には好印象。

仕事や学校で会話する機会があれば、休み時間などに「髪切った?さわやかー」など、

さり気なくてGOODです。

 

兎にも角にも第一歩は、自分の存在を知ってもらうことから。

2.会話でさり気なーく、相手の心に入り込もう。

髪切った?

なんだか日焼けしたねーかっこいい!

仕事が出来てすごいなぁ、、

etc..

 

これは、男性にとってもちろん嬉しい褒め言葉。

しかし、誰もが言えそうな表面的な褒め言葉なので、

あまり彼らの心に残らず流されることも多いんです

(よっぽど褒め言葉に飢えている彼なら別だけど)。

 

そこで、彼にちょっぴり近づくテクニック!

それは彼の心により近い言葉をサラリと投げてみること。

 

例えば‥

「なんだか疲れてる?バイト頑張ってもんね」

「上司が厳しくて大変だよね、何かあったら話聞くからね」

「この前試合で転んだ時、ほんとは怪我してたよね。みんなに心配かけないように、言わなかったんでしょ?」

などなど。

 

他の女の子より、ちょっぴり深めの所を狙うんです。

「見ててくれたんだ‥!」

と、女性らしい心遣いや細やかさに、男性はグッときますよ。

 

と同時に、

「この子、もしかして俺のこと‥‥」

なーんてドキドキな妄想も掻き立てちゃうかもしれません。

3.アプローチをしたら‥後はサッと引いてみよう。

そして彼にアクションを起こさせる重要ステップ。

会話のアプローチで彼にほんのりと好意を伝えたら‥あとは「待つ」だけ。

 

ここで、まだまだー!とアプローチし続けてしまうと、

「しつこい‥」「重いぞ?」と引かれてしまうんです。

 

男の人は、どんなに草食化が進んだって、

気になる女の子相手ならカッコよく自分から誘いたいもの。

彼がカッコよくふるまえるチャンスを奪わぬよう、

私たちはじっと「待つ」のです。

例えば‥

  • メールを頻繁にしてたなら、数日やめてみる。
  • 彼以外の人と喋るようにする。
  • 会わない日も作る、など。

すると彼は

「あれ‥?俺のこと好きじゃなかったの?どうしよう‥」

とモヤモヤ不安になり、あなたとのコミュニケーションに飢え始め‥

やがて

「2人で食事に行こう?」と誘ってきます。

 

あなたがよほど対象外じゃない限り。

あとは2人の時間を、目一杯楽しんで下さいね。

まとめ

1.まずは知ってもらおう。さりげなく私をアピール

2.会話でさり気なーく、相手の心に入り込もう。

3.アプローチをしたら‥後はサッと引いてみよう。

 

いかがでしたでしょうか?

女の子は、情熱的に押されたりアプローチされると嬉しいものだけど、

それは私たちが受け身の性であるがゆえ。

男性はやっぱり狩人=ハンターで、自分から女性を捕まえたいんです。

 

だからこそ、ほんのりアプローチ→あとは待っとく♪

大好きな人が出来て浮かれてしまう時こと、この呼吸、忘れないでくださいね。

-kareshi, love

Copyright© 彼氏欲しい20代~30代女性のための恋活ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.